ページの本文へ

Hitachi

日立INSソフトウェア株式会社

日立アイ・エヌ・エス・ソフトウェア株式会社と沖縄日立ネットワークシステムズ株式会社(以下、「日立INSソフトウェアグループ」という)は、トップマネジメントのリーダーシップのもと、「人と技術と創造力の調和で、新しいITの未来を創ります」とのビジョンを掲げつつ、「ステークホルダーとの協創による社会イノベーション事業を通じて、環境課題を解決し、生活の質の向上と持続可能な社会の両立を実現します」との日立の環境ビジョンの実現に向け、EMSを構築・運営します。

日立INSソフトウェアグループは、豊かで美しい自然環境を次世代に引き継いでいくために環境負荷低減活動をグループ一体となって推進します。

スローガン:一人ひとりの”やさしさ”と”行動”で美しい地球環境を守ろう

  1. 日立INSソフトウェアグループでは、
    1. 社会イノベーションの実現による「環境負荷の低減

      社会イノベーションの実現に向けた、ICTソリューション及びサービスの開発から保守等のライフサイクルを考慮した事業活動により、環境負荷の低減をめざす

    2. 気候変動の緩和をめざした「低炭素社会」の実現

      事業活動に伴うオフィスでの直接的省エネ及び、製品活動による省エネをめざす

    3. 持続可能な資源の利用を推進することによる「高度循環社会」の実現

      事業活動による廃棄物発生量の削減及び、製品の省・再資源化をめざす

    を、組織の目的を達成する具体的な取り組みと捉え、その実現のために事業に伴う環境側面の中から、活動、製品及びサービスの性質、規模及び環境影響を含む組織の状況に応じて目標を策定し、汚染の予防並びに持続可能な社会の実現をめざして行動します。
  2. 日立INSソフトウェアグループでは、順守義務を決定し、それらの順守義務に従って運用が行われていることを確実にするために評価を行うとともに、不適合が確認された場合は適切に修正します。
  3. 日立INSソフトウェアグループでは、目標の設定、実施状況の監視並びにレビューの枠組みを含め、環境パフォーマンスを向上させるため、EMSを継続的に改善し、実行し、維持します。

この行動方針は、文書化した情報として維持し、組織内に伝達するとともに、利害関係者が入手可能とします。

2017年4月1日
日立INSソフトウェアグループ EMS経営責任者
日立アイ・エヌ・エス・ソフトウェア株式会社
取締役社長  任田 信行