ページの本文へ

Hitachi

日立INSソフトウェア株式会社

電子透かしプリント SecureUnify e-紙紋II

見えない透かしで情報漏えいを抑止

e-紙紋IIロゴイメージ

企業の信頼に直結する情報セキュリティへの対応。
帳票類をはじめ、各種の証書、設計図や意匠デザインなど、紙媒体でのやりとりがメインとなる情報にも厳格なセキュリティが求められています。 e-紙紋IIは、見えない透かしとして印刷物にデジタル情報を埋め込み「いつ、誰が印刷したか」を特定するアプリケーションです。
重要な情報が含まれているにもかかわらず、管理が難しく、セキュリティがおろそかになりがちな紙文書からの情報漏えいを抑止します。

情報漏えいへの大きな抑止効果

ポイント1:セキュリティ意識の向上

紙文書へセキュリティ情報を埋め込むことで、社内の紙文書からの情報漏えいリスクに対する意識が高まり、不用意な持ち出しなどの抑止効果が期待できます。

ポイント2:万一の時に追跡が可能

見えない透かしには、印刷者の情報や印刷の日時などが埋め込まれているので、万一問題が起こった時には、スピーディに出所を突き止めることができます。

ポイント3:漏えいリスクの低減

見えない透かしは、文書のデザインを損なわず、見た目で判別できないため、紙文書全体にセキュリティ効果を発揮。見える透かしと組み合せれば不正流出への抑止力が高まります。

e-紙紋Uの主な機能

紙文書への厳格なセキュリティの導入は情報漏えいへの大きな抑止力。e-紙紋Uなら、アプリケーションをインストールしたPCから、いつも通りに印刷指示を出すだけで、簡単に印刷物に出所を特定する情報を埋め込み、不正な持ち出しや情報流出を未然に食い止めます。

e-紙紋IIの概要

  • 機能1:透かし埋め込み機能
    「ログインID」や「印刷日時」などのセキュリティ情報を見えない透かしとして埋め込みます。e-紙紋U印刷アプリケーションをインストールしたPCから印刷指示をするだけで、既設のプリンタからセキュリティ情報が埋め込まれた紙文書が出力されます。
  • 機能2:透かし検出機能
    見えない透かしのセキュリティ情報を確認するには、印刷物をスキャナで読み取り、e-紙紋U検証アプリケーションをインストールしたPCで検出します。特別な機器は必要なく、既設のスキャナをそのまま使用できます。
  • 機能3:背景文字印刷機能
    印刷物に、任意の背景文字による見える透かしを印刷。見た目で文書の重要性をアピールし不正流出を牽制します。見えない透かしと組み合わせれば、より効果的に紙文書からの情報漏えいを抑止できます。
  • 機能4:連番印刷機能
    配布物など部数の多い印刷物には、ログインIDの他に、印刷部数毎に連番情報を透かしとして埋め込むことができます。配布先の特定が可能になり、配布物の不正コピーなどの抑止に効果を発揮します。
  • 機能5:印刷制御機能
    透かしの入っていない印刷ジョブをキャンセルし、印刷禁止の警告表示や管理者への通知を行うことができます。すべての印刷物に強制的に透かし印刷を埋め込む設定も可能です。
  • 機能6:印刷ログ機能
    e-紙紋Uを導入した環境では、透かしの有無にかかわらず、すべての印刷ログを収集することが可能です。このログを使用し、印刷物のセキュリティ監査等に活用いただけます。

見えない透かしの仕組み

見えない透かしの仕組み

関連情報

株式会社日立製作所 Secure Unify / e-紙紋U掲載ページへ(新規ウィンドウを表示)
帳票ツール uCosminexus EUR V9:Secure Unify / e-紙紋Uとの連携

お問い合わせフォームへ