ページの本文へ

Hitachi

日立INSソフトウェア株式会社

クラウドサービス

沖縄発!クラウドサービス ちゅらうど

「ちゅらうど」は沖縄のデータセンタを活用したクラウドサービスです。

「ちゅらうど」4つのポイント

1. 沖縄の地理的優位性を活かしたサービス提供

クラウドサービス

  • 本土との同時被災の可能性が低い
    「ちゅらうど」があるデータセンタは沖縄にあります。
    たとえば、東京-沖縄間の距離は約1,500km離れているため、同時被災の可能性は低いと考えられ、データの遠隔保管に適しています。
  • 供給電力に安定性がある
    沖縄県内の電力供給予備率は約40%を維持*しており、
    その他地域(平均7.0%)を大きく上回る見通しです。
    供給電力に安定性があるため、地域の電力需要に応じて
    供給不足が発生する可能性は極めて低いと考えられます。
  • 空路便数が充実している
    観光立県でもある沖縄県は、航空便数が充実しているため、
    交通アクセスに優位性があります。作業員の駆けつけや
    出張時にも容易にフライト予約が可能です。

* 出典:首相官邸ホームページ(2015年6月時点):
             2015年度夏季の電力需給対策について

2. 高性能・高信頼のクラウドサービス

クラウド化の検討からシステム構築まで、ワンストップで提供します。

  • 日立のハードウェア
    さまざまな規模のシステムで実績豊富な日立のハードウェアで構成
  • 堅ろうなデータセンタ
    沖縄県内にある災害・障害対策が施された堅ろうなデータセンタを利用

3. トータル運用によるコストの削減と安定運用を実現

設計からサーバ保守、システム監視までをトータルに運用・サポートするとともに、業務運用も代行することでお客さまの運用コストを削減します。

4. 「安全・安心」「スピード・柔軟」「協創」 日立のクラウド

「ちゅらうど」は、「日立のクラウド(Hitachi Cloud)」のひとつとして、市場の変化に柔軟に対応できるITビジネス基盤を提供します。

お問い合わせフォームへ