ページの本文へ

Hitachi

日立INSソフトウェア株式会社

「Check」から始まる「CAPDサイクル」はじめませんか

スマートアナリシス/HIは、データヘルス計画対応サイクル「PDCAサイクル」の「Plan」の有効性の確認および次の改善に向けたフォロー策定を行うための健保業界向けソリューションです。レセプトや健診データなどを使用し、指導対象者グループ毎に保健指導効果を追跡するといった「Check」に必要なBI環境(データ取込インターフェースおよび分析画面)を提供します。

こんなことでお困りではないですか?

ヘルスデータ活用の課題

『スマートアナリシス/HI』なら簡単解決!

スマートアナリシス/HIは、特長的な3つのポイントで集計・分析をサポートします。

ヘルスデータ活用・分析環境構築ソリューション

ポイント1:「CAPDサイクル」を始められます

通常、PDCAサイクルには、「Action:改善」の前に、「Check:現状把握」が必要です。スマートアナリシス/HIは、新しい形「Check」から「Plan」につなげるCAPDサイクルを始めるソリューションを提供します。現状把握から始めることで、より実状に即した改善と計画を組み立て、効果的な保健指導につなげる事が可能です。

ポイント2:豊富なテンプレートで多角的な分析を実現

分析に必要なデータをお教えします。特定健診情報分析、レセプト情報分析に役立つテンプレートを提供します。

ポイント3:さまざまな医療情報データを統合 (オプションサービス)

疾病別、経年集計など、多角的な分析を可能にします。事業所、疾病、年齢階級別など、さまざまな条件抽出が簡単に行え、新たな改善策の策定を可能にします。

「CAPD」サイクルで「Check」から「Plan」の策定が行えます

保健指導対象者の情報を、指導実施・受診がなくても継続的にフォローすることができ、
計画の有効性や改善すべき重点項目の効果測定が可能になり、有効なサイクルを実現できます。

「CDPA」サイクル

ソリューション内容

特定健診情報分析

年度や部門別の指導対象者の情報と合わせることで、指導対象者の特定健診情報を経年で分析することが可能です。

内容 効果
  • 事業所、健診結果、年齢階級別抽出
  • 健診結果分布状況集計
  • 指導効果、状況集計、経年集計 など
年度や部門別の指導対象者に絞った、特定健診情報分析を多角的に行えます。
経年変化分析により、指導効果の測定に用いることが可能です。

特定健診情報分析

医療費分析

年度や部門別の指導対象者の情報と合わせることで、指導対象者の医療費を経年で分析することが可能です。

内容 効果
  • 事業所、疾病、年齢階級別抽出
  • 疾病構造、医療費集計
  • 生活習慣病別医療費、経年集計 など
年度や部門別の指導対象者に絞った、医療費分析を多角的に行えます。
経年変化分析により、費用対効果の測定に用いることが可能です。

医療費分析

システム構成

システム構成

お問い合わせフォームへ