ページの本文へ

Hitachi

日立INSソフトウェア株式会社

WISE Attach

電子メールの「うっかり誤送信」をストップ!

WISE Attachロゴマーク

現在のビジネスコミュニケーションにおいて、電子メールは必要不可欠となっています。その一方、電子メールからの顧客情報・個人情報の漏えい事故は後を絶ちません。
特に添付ファイルには、企業や取引先の情報を含むことが多いため対策が必要とされています。WISE Attachは、企業のメール管理における誤送信防止の要求に応え、メール利用者の誰もが直面する誤送信リスクに対応します。
また、メールセキュリティのWISEシリーズにて電子メールにまつわる様々な問題を解決します。

製品概要

WISE Attachは、メールによる情報漏えいの一因となる誤送信を防止するソリューションです。
機密情報などの大事な情報が入ったメールや書きかけのメールを誤って送信した場合も、メールの送信や添付ファイルの開示を中止することができます。 また、添付ファイルを自動的に暗号化する機能も備えています。これらの機能から、お客様のポリシーに合わせて最適な誤送信対策を導入することができます。

構成例

WISE Attachソリューション全体像

特長

誤送信防止

万一、 メールを間違った宛先に送信しても、「メール保留」機能および、「添付ファイルダウンロード」もしくは「添付ファイル暗号化」機能を選択することで、情報漏えいを防止します。

1.メール保留
管理者が設定した条件に従い、メールの配送を一定時間待機させます。待機中に保留メールを破棄することで誤送信を防止します。

2.添付ファイルダウンロード *FULLエディションのみ
メール送信時に、メールの本文と添付ファイルを分離し、本文とダウンロードURLを含むメールを送信します。添付ファイルはサーバに保管され、メール受信者は、ダウンロードURLから添付ファイルをダウンロードします。また、ダウンロードURLを送信後に閉塞させることで、誤送信を防止します。

3.添付ファイル暗号化
管理者が設定した条件に従い暗号化ZIPファイルへ自動変換します。パスワードメールを待機させることができ、待機中に保留メールを破棄することで誤送信を防止します。

メールサイズ制限回避

メール受信者側の企業ポリシーによってメール受信サイズや形式が制限されている場合、添付ファイルダウンロード機能を使用することで、メール受信制限やファイル形式に関わらず、添付ファイルを送信できます。

手間のかからない自動処理

管理者が設定した任意の条件に沿って自動処理するため、手間がかかりません。また、ZIP暗号化方式を採用しているため、受信者は特別な復号ツールは不要です。

FULLエディションでは、管理者が設定した条件によって、添付ファイルダウンロード/添付ファイル暗号化の処理のどちらを行うか設定できます。例えば、通常サイズの添付ファイルは暗号化して送信し、サイズが大きい場合は保管してダウンロードするといった運用が可能です。

お問い合わせフォームへ