ページの本文へ

Hitachi

日立INSソフトウェア株式会社

WISE Audit

長く多くのお客様に選ばれているメールセキュリティ

WISE Auditロゴマーク

メールデータのアーカイブとフィルタリングによるセキュリティ対策は、もはや企業のIT統制の常識。問われるのは、その質です。
WISE Auditは、膨大なメールデータの長期保存と、効率的な管理を可能にしたメールセキュリティソリューション。国内のメールアーカイブ市場において、累計導入アカウント数62万ユーザ以上の実績が、その信頼の証です。

多くのお客さまに長くご利用頂いている4つのポイント

ポイント1:監査機能の充実

  • 高速検索
    1TBのメールデータも約12秒で高速検索。膨大なデータから、目的のメールを迅速に探し出します。
  • あいまい検索
    単語だけでなく、自然な日本語文によるあいまい検索が可能。類似した表現を含むメールも見逃しません。
  • メール履歴のビジュアル化
    メール送信者と受信者の相関関係を表示する「メール相関図」やメールのやり取りをツリー構造で表示する「スレッド表示機能」等メール履歴をビジュアル化する機能が豊富で、監査効率を向上させます。
  • EMLダウンロード機能
    検索結果の全メールをEMLファイルとしてZIP形式でのダウンロードが可能です。
  • 都度権限付与機能
    社内外の監査者に対して、検索対象のメールアドレスと期間を限定して一時的に検索を許可することが可能です。
  • eディスカバリ監査機能(eディスカバリオプション)【オプション】
    eディスカバリが発動された「有事」の際の監査要件をカバーします。
    国際的法規による訴追された状態でない「平時」の監視・監査にも利用可能です。

ポイント2:メール障害への対応

  • メール復元機能
    アーカイブからメールを復元して再送できるため、メールサーバ障害時などの迅速な復旧が可能です。
  • 高信頼ストレージ
    アーカイブデータの格納には、信頼性の高いストレージを採用でき、堅牢性の確保ができます。

ポイント3:添付ファイルセキュリティ

  • 多彩な添付ファイルに対応
    OpenOfficeを含め、ビジネスで使用される幅広い形式の添付ファイルについて、検索、フィルタリングが可能です。
  • 自動暗号化(ZIP暗号化オプション)【オプション】
    社外宛メールの添付ファイルを、自動的に暗号化ファイル(ZIP)に変換して送信。アーカイブには暗号化前のファイルが保存されているため、監査時に解凍作業する手間もなく、監査の効率化が図れます。

ポイント4:誤送信への対応

  • 多様なフィルタリング機能
    宛先、キーワード、添付ファイルの有無、本文・添付文書内テキストなど、きめ細かく、柔軟なフィルタリング設定が可能です。
  • 添付ファイル保留機能(個人保留キューオプション:PQO)【オプション】
    添付ファイルを送信する際に、上長もしくは管理者が宛先に含まれていない場合に送信不可とする機能。不用意な添付ファイルの送信の防止に効果を発揮します。
  • 時間差配送機能(時間差配送オプション)【オプション】
    社外へのメール送信は一定時間保留することができ、保留時間内であればキャンセルすることが可能です。メールを送付した本人が、一度保留したメールを確認してから送信できるので、誤送信のリスクが減ります。
  • 添付ファイル暗号化機能(ZIP暗号化オプション)【オプション】
    社外への送信メールの添付ファイルを自動的にパスワード付きZIPファイルに変換します。
    パスワード通知メールは、自動通知する・しないが選択できるようになっており、自動通知するにした場合でも、送信されるまでの間にキャンセルを行うことができます。
    パスワード通知メールを送らないことにより、誤送信した場合でも添付ファイルの中身を送信先に見られないようにすることが可能です。

WISE Auditの概要

WISE Auditの概要 企業の安心と信頼を守るメールセキュリティーソリューション

  • 機能1:メールアーカイブ機能
    送受信するすべてのメールを自動的に保存。個人ではなく、組織の責任でメールを一括管理することで、トラブルなどの際に、適切で迅速な対処が可能になります。
  • 機能2:メールフィルタリング機能
    条件指定によって送受信メールの配送を細かく制御できます。情報漏えいや私用メールなどを抑止し、システムのコストを増大させるスパムメールやウィルスの排除にも効果的です。
  • 機能3:運用管理ツール
    GUI画面で操作しやすい管理ツール。
    システムの維持・管理を行う「システム管理ツール」と、監査に関する操作を行う「運用管理ツール」の2つのツールで管理者の権限を分離し、セキュリティを徹底。管理者の操作ログも保存できます。
  • 機能4:メールキャンセル機能(時間差配送オプション)【オプション】
    書きかけのメールや重要情報が入った添付ファイルを社外宛に送信してしまっても、メール送信の保留やキャンセルが可能です。
  • 機能5:添付ファイル暗号化機能(ZIP暗号化オプション)【オプション】
    社外への送信メールの添付ファイルを自動的に暗号化ファイルに変換。煩雑な手順なく添付ファイルのセキュリティを強化できます。

お問い合わせフォームへ